契約書面に建物状況調査のあっせんの有無が記載される!知っておくべきポイントなどを紹介

このサイトでは中古物件などの取引の際に見られる媒介契約書面に追加された、建物状況調査のあっせんの有無の記載について知っておくべきポイントをご紹介しています。
住まいの状況を知るための調査では、外から見ただけでは分からないことを知ることができます。
購入希望の住まいで安心して生活を送るために行われている調査や、宅地建物取引業者による調査のあっせんについて、これから利用する方に向けて分かりやすく解説します。

契約書面に建物状況調査のあっせんの有無が記載される!知っておくべきポイントなどを紹介

国土交通省によると平成30年より、宅地建物取引業者との中古物件など既存の住宅取引際に媒介契約書面に建物状況調査のあっせんの有無が記載されています。
購入したい住宅が見つかった際に建物状況調査を行いたい場合は、宅地建物取引業者を通して売主の承諾が必要です。
その際に売主や買主から依頼があった上で、宅地建物取引業者があっせんすることが可能で建築士法に基づく建築士事務所登録を受けた調査実施者をあっせんした場合には、媒介契約書面への記載が必要となります。

建物状況調査が必要になる理由とは?

建物状況調査とは、既存住宅の基礎・構造・外壁などの劣化や不具合の有無や程度などを、国土交通省認定の調査員が目視や計測により調査報告するものです。
建物状況調査が必要になる理由は中古住宅の円滑な売買を促進することにあります。
仮に何らかの不具合や劣化・故障などが存在することを知りながら、中古住宅を販売してしまい、事後に一連の不具合(瑕疵)の存在が発覚すると契約適合責任を追及される恐れがあります。
具体的には瑕疵補修請求や損害賠償請求、場合によっては契約を解除され白紙撤回される懸念も現実化するわけです。
このような事態を回避するには、売主としても建物状況調査により、プロの目線で客観的に自宅の状況についてのお墨付きをえることができます。
一定の基準をクリアした建物のは、既存住宅瑕疵保険の適用を受けることができるのもメリットです。
買主側から見れば、専門家の調査で問題ないと判断されれば、安心して購入することができて、税制上の優遇措置をうけることも可能になります。

建物状況調査の実施は講習を修了した建築士のみ

1996年に発生した阪神淡路大震災では、神戸市だけでも非常に多くの建物が倒壊する結果となりした。
この建物の特徴は老朽化が進んでいたものとなっており、それ以降は国土交通省では毎年建物状況調査をおこなうことを義務付けています。
建物状況調査は10ヘクタール以上の延床面積を有することを条件としており、全国では約4000万棟以上が含まれます。
必ず建物状況調査講習を受けた方が検査に立ち会うのですが、どのような方が対象となるのでしょうか。
答えは建築士の資格を有されている方です。
一級・二級という2つのランクで区分をされますが、二級でも建物状況調査の技能を習得することができます。
国交省では年2回、認可を与えているスクール内で試験を開催していて、それをクリアすれば資格を得ることが可能です。
合格率は約80パーセントと高いので、さほど難しいものではありません。
建築士なら施工時に調査も同時におこなえることから対象者となりました。

建物状況調査の講習は国土交通省が規定

建物状況調査は、1998年に国土交通省があらゆる建物の所有者に義務付けた仕組みです。
100平方メートル以上の敷地面積となる商業施設、学校・病院などが当てはまり、必ず国交省が認可を与えている教育機関で講習を受けたのちに、建物状況調査の作業員になることが可能です。
そこでここでは、どのような規定を設けて講義がなされているのかを、簡単に解説をしていきます。
まず計120項目の検査技術と知識を、学科カリキュラムで学ぶのがポイントです。
50項目の技能試験が用意をされており、クリアしてはじめて建物状況調査作業員という資格を取得することができます、規定では21歳以上で、現場作業経験が3年以上の方を対象としています。
その後、建設会社などに就職をして建物状況調査に携わることが可能です。
試験は春と秋の年2回で、合格率は約60パーセントです。
1度試験に落ちたとしても、何度でも受験をして挑戦することもできるものとなります。

契約書に建物状況調査のあっせんがあれば利用すべき

一般家庭では多くのご家庭で、戸建て住宅を所有されているところも増えました。
以前は賃貸スタイルのマンションやアパートで暮らす方が多かったのですが、郊外などでは戸建ての需要が高いものです。
持ち家を手にするということは、必然的に維持管理も自身でおこなうことが義務付けられるわけです。
そこでここでは、ハウスメーカーの契約書で目にできる建物状況調査のあっせんについて解説をしていきましょう。
建物状況調査とは何かというと、建物の老朽化を確認するための検査を指します。
外壁・屋根は消耗箇所とも呼ばれており、平均で10年に一度は修繕をしないといけません。
このとき、客観的にいまの状態をするには専門家の調査が必要というわけです。
契約書に建物状況調査あっせんと記載をされていたら、ハウスメーカーに依頼をして専門業者を紹介されます。
メリットであげられるのは、あっせんで合った場合は利用料金が大幅に割安になる点で、活用すべきです。

著者:只野昭彦

筆者プロフィール

静岡県静岡市生まれ。
業者として数多くの建物の状況調査を実施。
自分の経験から建物状況調査についてまとめました。